冷え鼻も冷え性の症状です。冷え鼻を改善して老け顔対策

手足の冷えや腰の冷えなど、冷え性の症状を訴える方は多いと思います。私も夏でも靴下は必需品です。



寒い時期や風の強い日に外出したりすると、決まって鼻の頭が冷たくなって赤くなります。これが結構コンプレックスでした(。-_-。)赤っ鼻がめっちゃ目立つんですよね。
鼻が赤くなる原因は、皮膚の温度を上げるために毛細血管が拡張するため血管が透けて見えるからなんだそうです。
201805062027399b8.jpeg 




アンチエイジングランキング
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
1日一回の応援が私の幸せです ♪



でも、最近気づいたんです。心地よい気温の日や風のない日でも鼻が冷えているということに。そんな『冷え顔』が実は老け顔に繋がるらしいので、どんな対策ができるか調べて見る事にしました。






鼻の冷え性の主な原因




●鼻の冷え性・原因その1『末端冷え性


鼻は手足の指や耳などと同様に、心臓から離れているために血液が届きにくい部分です。冷気や風などの影響を受けて冷えやすい上に血管が収縮してしまことで血行が悪くなりより冷えやすくなってしまいます



●鼻の冷え性・原因その2『ストレス


ストレスが与える影響は自律神経が関わっている部分全てに出てしまいます。
自律神経の仕事である体温調節機能がストレスによって乱されると、交感神経が優位になり血管収縮がおこります。そのため、血行が悪くなり体の冷えの原因となります。逆にストレスやイライラ、寂しさなど負的な感情がおこると鼻が冷えるというデータもあるそうです。



●鼻の冷え性・原因その3『胃腸の冷え


鼻の粘膜と腸の粘膜は連動しているそうです。鼻の状態は今の腸の状態だそうで、鼻が冷えていると言う事はつまり、腸も冷えていると言う事です。



●鼻の冷え性・原因その4『女性ホルモンの乱れ

女性ホルモン・エストロゲンは毛細血管を広げ血流をよくする働きも担っています。ですので、女性ホルモンの乱れは血行を悪くして冷え性を誘発してしまうのです。



鼻の冷えが起こす肌への影響




鼻冷えは『冷え顔』の症状です。鼻が冷たいだけでなく頬など顔全体が冷えている場合と同じ対策をしなければ、肌の老化が進んでしまいます。
冷え性が起こす老化肌の影響はいろいろあります。




冷えによる影響『ターンオーバーの乱れ


血行不良になると新しい肌細胞が作られにくくなります。新しい細胞ができない事で剥がれ落ちるはずの角質が肌表面を守ろうとそのまま残ってしまいます。
そうすると、ターンオーバーが乱れ、角質が厚くなりさらにターンオーバーが乱れるという状態になってしまいます。


ターンオーバーの乱れは角質肥厚だけでなく角質肥厚が起こす、乾燥肌荒れシワたるみなど肌トラブルを引き起こす大きな原因となるの事なのでなるべく整えておきたい事です。







冷えによる影響『目の下のクマ・くすみ


血行が悪くなると老廃物などが流れにくくなるため、目の下などの皮膚の薄いところが黒ずんで見える『目の下のクマ』の原因となります。また顔全体に先ほどの事が起こると『くすみ』の原因となります。




鼻を温める方法




鼻の冷え対策は外から温める方法が即効性があり効果的ですが、ゆくゆくは冷え性そのものを改善して「赤っ鼻」を卒業したい物です(。-_-。)



鼻の冷え対策

・マスクなどで冷やさないようにする


・手で温める


・鼻呼吸をして温かい空気を鼻から出す


・鼻マッサージをする(鼻の頭をつまんでモミモミすると温まります♪)




まとめ




暖かく過ごしやすい季節になったのに、まさかの「冷え鼻」。冷え顔の症状があるって事は全身の冷え性でもあるんですよね。冷え性がもたらす悪影響は多々ありますが、冷え鼻や冷え顔がもたらす老け顔は勘弁頂きたいです。
赤っ鼻だけでも、恥ずかしいのでこの冬は何とか改善させたいと思います。


 今日も1日ありがとうございました♪










関連記事

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT