母の日のプレゼントに美容液はいかが?効果別美容成分まとめ

もうすぐ母の日ですね(*´꒳`*)うちの母はもうすぐ70歳です。年齢だけ見るとものすごくお婆ちゃんって感じですが、むしろ私よりアクティブです。と言っても見た目のお悩みは尽きないようで、今は「まぶたのたるみ」を1番気にしています。



私もほうれい線たるみ毛穴など重力に逆らえない悩みが多々あります(*´-`)
20180430021154abd.jpeg 




アンチエイジングランキング
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
1日一回の応援が私の幸せです ♪



そこで母の日には私も使える美容成分たっぷりな美容液をプレゼンしようと思い年齢肌に最適な美容成分をまとめてみました(*´꒳`*)




年齢肌に効果的な美容成分まとめ




☆コラーゲンの生成を促進する成分


→コラーゲンは真皮層の約70%を占める肌のハリを保つ繊維状のタンパク質です。40代を過ぎるとコラーゲンの生産量が落ちてきて、紫外線や糖化の影響を受けてシワやたるみの原因となってしまいます。




コエンザイムQ10(ユビキノン)

加齢ととも機能が低下するミトコンドリアを助けて、エネルギー代謝のサポートをする成分でコラーゲンの生成を促進する働きがあります。また、高い抗酸化力で活性酸素が活発になるのを抑える効果もあります。20歳を境に体内で合成されにくくなってしまう成分です。



APPS(アプレシエ)←注目成分(^^)

今1番注目されている高浸透型ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体には刺激が強いけど速攻性のある水溶性即効性はないけど浸透力の高い油溶性があります。その両方の良さを併せ持つのがAPPS(アプレシエ)なのです。ビタミンCはコラーゲン生成の材料となる成分ですのです。また高い抗酸化力でメラニン色素を還元してシミの予防にも使われますし、収れん作用で毛穴の引き締めにも効果が高いので、あらゆるエイジングケアに力を発揮する優れた成分です。



レチノール

レチノールは「ビタミンA」の事で角質の代謝を促しターンオーバーを整える働きをしたり、肌の中でコラーゲンやエラスチンを増やすのに役立つ成分です。さらに皮脂分泌を抑えてくれるので、ニキビ肌の方にもおすすめされています。




☆エラスチン生成を促進する成分


→エラスチンはコラーゲン繊維をつなぎとめる支えの働きをしている成分です。
ゴムのような弾力がありこのつなぎ目が破壊されると、コラーゲンが沈み込み、しわやたるみの原因となってしまいます。




エルゴチオネイン

きのこなどに含まれる抗酸化力の高い成分でビタミンEより7000倍もの抗酸化力があると言われています。エラスチンが破壊されるのを防ぎ肌のハリや弾力を保ち、回復させる働きがあると言われています。抗酸化力の高さで光老化による活性酸素からシミ・しわ・たるみなどのトラブルから肌を守ってくれます



ピクノジェノール

ピクノジェノールはフラボノイドの一種で高い抗酸化力を持つ樹皮のエキスです。ビタミンCやビタミンEなどの働きを助け、活性酸素を取り除く働きや結構を促進する働きによりターンオーバーを整えたりしてくれます



☆ヒアルロン酸生成を促進する成分


→ヒアルロン酸はコラーゲンやエラスチンのすき間にあるゼリー状の物質で水分を保っています。ヒアルロン酸が少なくなると、肌のハリがなくなり表面の乾燥の原因にもなってきます。



ヒアルフィクス(ナンキョウソウ葉エキス)

ヒアルフィクスはヒアルロン酸を生成し保つ成分です。ヒアルロン酸を増やす事により、たるみやシワを改善したり、肌の乾燥を防いでくれます。



プロテオグリカン←注目成分(^^)

プロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸のように保水性にすぐれた成分で、肌内のコラーゲン繊維とヒアルロン酸の間に存在しています。活性酸素が発生するのを防ぐ働きや、保水性の高さからハリと潤いを保ちながらコラーゲンとヒアルロン酸の生成を促進させる作用も持っています。



☆糖化を予防・改善してくれる成分

→糖化とは糖質の取りすぎなどにより劣化たんぱく質を作り出してしまう事です。

糖化する事でコラーゲンが変質してしまい、ハリや弾力がなくなってしまします。また、糖化特有のコゲ状態によってくすみやシミなどの原因にもなります。



αリポ酸(アルファリポ酸)

抗酸化力の高い成分でビタミンCやビタミンEを再利用できるようにする成分です。糖質代謝にも深く関わっているので抗糖化成分としてコラーゲンやエラスチンが破壊されるのを防ぎます。



カルニチン

カルニチンは細胞内に溜まった余分な脂肪や糖質を排出する働きがある成分です。若い頃は体内で生成できる成分なのですが加齢と共に合成されにくくなってしまいます。



☆活性酸素除去力が高い成分

→活性酸素はその強い毒性をもって、体内の細菌やウイルスを攻撃し免疫機能と共して戦ったりす一方で、増え過ぎると正常な細胞やDNAまでも酸化させてしまう事で病気や老化の原因となる物質です。シミやしわなど肌への影響も大きいので抗酸化力の高い成分で除去する必要があります。



フラーレン←注目成分(^^)

フラーレンは抗酸化力がビタミンCの172倍と言われている活性酸素の除去力がとても高い事で注目を集めている話題の成分です。抗酸化力の高い成分は他にもありますが、フラーレンは活性酸素とくっついて酸化を防ぎ、そしてその作用が長続きする事が特徴です。またフラーレンにはコラーゲンの生成を助ける作用もあり、その効果はプラセンタの800倍と言われています。


アスタキサンチン

アスタキサンチンは紫外線などの光老化によりコラーゲンが壊されるのを防いだり、メラニンを抑制する働きがあります。その抗酸化力はビタミンCの約6000倍とも言われています。さらに脂肪細胞の分解を促進したり生成を予防したりする働きによって、表皮や神秘を支える細胞のバランスを取ってくれる働きもします。赤い色をしているのが特徴で、その色素はカロテノイドの一種なのです。




まとめ



今注目の美容成分をまとめてみました。どの美容成分もとっても魅力的ですね。
お手入れされている方はやっぱり結果が出ているので、私たち親子も見習いたいと思います。



成分表とにらめっこして母にあった美容液を奮発したいと思います(*´꒳`*)(自分も使うかもしれないし(๑˃̵ᴗ˂̵))



という訳で。
今日も一日ありがとうございました♪









関連記事

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT